北海道札幌市「個別指導の学習塾ノックス」公式サイト

NOCS !

>> おすすめ情報 >> スタディティップス >> 世界の農業 >> 世界のコーヒー(生産量、消費量、在庫量、輸出量、輸入量の推移)

世界のコーヒー(生産量、消費量、在庫量、輸出量、輸入量の推移)

<2020/04/02更新>
 世界のコーヒーの生産量、消費量、在庫量、輸出量、輸入量について、米農務省(USDA)発表の最新資料をもとに表とグラフにまとめました。地理の学習等にお役立てください。(※各数値は未確定のものが含まれていますのでご注意ください。)

 ・関連ページ
  「世界の米」
  「世界の小麦」
  「世界のとうもろこし」

コーヒー01 コーヒー02 コーヒー03 コーヒー04

■ 世界のコーヒー(国別生産量)
世界のコーヒー(国別生産量)

 (出典) USDA「World Markets and Trade」

 

■ 世界のコーヒー(国別消費量)
世界のコーヒー(国別消費量)

 (出典) USDA「World Markets and Trade」

 

■ 世界のコーヒー(国別在庫量)
世界のコーヒー(国別在庫量)

 (出典) USDA「World Markets and Trade」

 

■ 世界のコーヒー(生豆輸出量)
世界の生コーヒー豆(国別輸出量)

 (出典) USDA「World Markets and Trade」

 

■ 世界のコーヒー(生豆輸入量)
世界の生コーヒー豆(国別輸入量)

 (出典) USDA「World Markets and Trade」

 

■ 世界のコーヒー(焙煎/挽き豆輸出量)
世界のコーヒー(焙煎/挽き豆輸出量)

 (出典) USDA「World Markets and Trade」

 

■ 世界のコーヒー(焙煎/挽き豆輸入量)
世界のコーヒー(焙煎/挽き輸入量)

 (出典) USDA「World Markets and Trade」

 

■ 世界のコーヒー(インスタント輸出量)
世界のコーヒー(インスタント輸出量)

 (出典) USDA「World Markets and Trade」

 

■ 世界のコーヒー(インスタント輸入量)
世界のコーヒー(インスタント輸入量

 (出典) USDA「World Markets and Trade」

 
●コーヒーの品種について
 コーヒー豆はアラビカ(arabica)種とロブスタ(robusta)種に大別されます。アラビカ種は酸味が強く、甘い香りが特徴です。ロブスタ種は苦みが強いのが特徴です。
以下、各品種の国別生産量を示します。

■ 世界のコーヒー(アラビカ豆生産量)
世界のコーヒー(アラビカ豆生産量

 (出典) USDA「World Markets and Trade」

 

■ 世界のコーヒー(ロブスタ豆生産量)
世界のコーヒー(ロブスタ豆生産量)

 (出典) USDA「World Markets and Trade」

■ 過去の更新記録
・2014年07月
・2012年10月
・2011/08/05 一部を英語表記に変更しました。
・2011年07月
・2009年03月

  「世界の農業・畜産・酪農」(一つ上のページ)に戻る
 

* Copyright : (C) NOCS , ALL RIGHTS RESERVED. *